看護師転職 面接

看護師を辞めたくなる理由

看護師が仕事を辞めたくなる理由で医療ミスに怯えてという内容では直接的にはならないのではないかと思います。
医療ミスを起こさないようにいくつものチェック項目があり、そのマニュアルのようなものさえ遵守していればミスは起こらないと考えるからです。
しかしながら、人間は機械ではないのでヒューマンエラーを起こすものです。
医療ミスや医療事故をどのような規模のものかで捉え方が異なるかもしれませんが、一番身近なのは患者の転倒や離院、点滴類の自己抜去、薬の飲ませ忘れや過剰投与、別の患者への指示を実施してしまったということではないかと考えます。
内容によってはダブルチェックなどを行えば防げるものなので、適切な手順を守れば防げます。
一方で、入院患者の不穏は注意したからといって防げるものではありません。
不穏になった患者が適切に対策をとったにも関わらず点滴を抜いてしまったり、ベッドから落ちてしまうなどした場合は辞めたくなります。
大声を出すなどしたりすれば、他の患者への影響もありますし、別の患者の不穏の原因になる場合もあるため、特に夜勤帯などであたった際は不穏の対応で時間を割かなければならなくなり、なんの為に看護師になったのか自問自答します。
そのような状況では他の重症な患者や具合が悪い患者のもとへ行きたいのに行けない状況となり、そちらの観察がおろそかになるだけでなく、万が一事故が起きれば報告書を提出しなければならないなどするため、勤務が続くなどした場合は自分自身の精神衛生にも悪影響を生じます。
怯えるとは違うかもしれませんが、環境を変えたいもしくは看護師以外の仕事をしたいと思うようになり辞めたくもなります。まして管理職などは簡単に「〇〇すれば防げたんじゃないのか。」などと指摘してくるため尚更、医療事故や医療ミスが生じた際には辞めたいという気持ちが強くなると思います。